子どもプログラム

kalakasan7

国際結婚が急増する中で、外国につながりをもって生まれ育つ子どもたちの数も増えています。こうした子どもたちの多くは、学校や社会のなかでいじめなどの疎外された経験をもち、自尊心を育てることができずに苦しんでいます。また、困難な家庭環境のなかで、家庭内での暴力の目撃、親からの虐待の経験などから、心に大きな傷をおった子どもたちも少なくありません。カラカサンでは、こうした子どもたちが、本来の力と自尊心を取り戻していけるよう、以下のようなサポートを
行っています。

1) 文化の教室

子どもたちが、文化の豊かさに気づき、自尊心を深めていくために、文化の教室を運営しています。現在は、ことばの教室を定期開催している他、料理、ものづくり、ダンスなどの教室を不定期に開催しています。

2) 相互交流活動

同じ経験を共有する子どもたちの相互の交流による居場所づくりを支援するため、月に一回、野外活動などを通じての交流活動を行っています。

3) フリースペース

事務所を定期的に開放し、自由に子どもたちが集まれる場を提供しています。

4) 家庭訪問、カウンセリング

不登校やひきこもりなどの問題を抱える子どもたちを中心に、家庭を訪問し、個別にカウンセリングを行っています。